記事

電力を切り替えたら生活はどう変わるの? 不安にお答えします!

はじめに
今までは地域の大手電力会社でしか契約できなかった電力。4月から電力自由化がスタートして、私たち消費者は選択の幅が広がりましたね。でも電力会社やプランの切り替えに不安を感じている人もいるようです。停電は大丈夫? 工事費用はどれくらいかかるの? 賃貸住宅だけど契約できるの? などなど、心配が出てくるのは当たり前。この記事では電力会社切り替え時の不安や疑問を取り上げ、お答えします!

停電が増えそうで不安。電気が不安定にならないの?
電力自由化になったら電気料金はお得になりそうだけど、肝心の電気は今までどおりちゃんと送られてくるの? また停電は増えないの? と疑問に思う人も少なくないでしょう。
その心配は無用です。理由は電気が届く道のりは自由化になっても今までと全く同じです。電気の送配電は電気の安定供給を担う「要」です。このため電気の送配電は国が許可した大手電力会社が引き続き行います。今後どこの会社から電気を買ってもこれまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられますから、心配いりません。
また、仮にA社の電力が不足した、となっても別のB社から不足分を補うなどの調整も行います。これによって、電力自由化に伴って電気の供給が不安定になる、ということもありません。バックアップ体制が組まれているので安心してください。
電力会社切り替えの際に費用がかかってしまうのでは?
実際に新しい電力会社と契約をする場合、当然、気になるのが諸費用ですよね。工事費用は? 解約費用は? 他にもいろいろコストがかさんでしまうのでは? 心配は尽きませんね。
結論から言うと、ほとんどの場合費用はかかりません。電力会社の切り替えと言っても、電線を各家庭に引き直すような大規模な工事は不要で、現在自宅につながっている電線を使って家庭に電力が供給されます。そのため工事費用などは発生しません。
なお、電力会社切り替えにあたってはスマートメーターという通信機能付きのメーターが必要になりますが、設置は無料で行ってもらえます。既にスマートメーターが設置されている家庭もありますが、その場合は設置自体が不要になります。
ただし例外として、消費者側の事情でスマートメーターの設置場所を変更するなど、メーター取り替えに伴う工事を行う場合は自己負担が発生する場合があります。
マンションやアパートでも、個人的に契約できるの?
マンションやアパートなどの共同住宅に住んでいる場合でも、家庭用の電力メーターが取り付けられていれば、新しい電力会社と契約することが可能です。もちろん、分譲・賃貸は問いません。
ただ、例外として「高圧一括受電契約」と「電力会社の名義が大家さんなど本人でない場合」は注意が必要です。
高圧一括受電契約とは、マンション全体が一括で電力供給を受けているシステムのことで、この契約形態のマンションやアパートでは、自分の家だけ電力会社を切り替えることは難しいです。
同様に、電力会社の名義が大家さんなど本人でない場合も、そのままでは契約は不可となります。
だからといってあきらめる必要はありません。大家さんが名義になっている場合は大家さんに「新しい電力会社と契約したい」旨を申し出て、了承してもらいましょう。
まとめ
以上、電力切り替え時の疑問や不安などについてまとめてみました。いかがでしたか?
電気会社の切り替えを検討する際は、SUUMO電気代診断を使えば、自分に合った電気料金プランを比較することができます。ぜひ、この記事やSUUMO電気代診断を参考にして、検討してみてください。

住み替え時に電気代もお得に!?

SUUMO電気代診断で、いろいろな電力会社の電気料金プランを比較して選べる。
あなたのライフスタイルに合った電気料金プランがきっと見つかる!

電気料金を今すぐ比較!