記事

電力会社は自分で選ぶ時代に!電力自由化で何が変わる?

はじめに
いよいよ2016年4月から電力自由化がスタート。「実はあまり分かっていない」「手続きが面倒そう」「どこに頼めばよいか分からない」「興味はあるものの今更聞けない」という人も多いのでは? これからは電力会社は自分で選ぶ時代になります。この記事では、電力自由化の基本や仕組みについてご紹介します。

電力自由化とは
電力自由化(電力の小売全面自由化)とは、一言でいうと「自分が選んだ会社から電気を買えるようになる」ことです。今まで一般家庭への電気の供給は、各地域の大手電力会社が担っていました。発電から送配電、販売まですべて担当していたのです。それが2016年4月からは、大手電力会社以外のさまざまな業種の企業が電気を販売できるようになります。その結果、各社が好きな価格で電気の販売ができるようになりました。これが「電力自由化」です。もちろん、販売する地域も自由になります。
電力自由化の経緯/歴史とは?
実は電力自由化は、2000年の3月にはすでにスタートしています。と、いっても当初は「特別高圧」に区分されていた、大規模な工場やデパートなどにとどまっていました。その後、2004年4月と2005年4月に「高圧」区分の小規模工場や中小ビルなども対象になり、新規参入した電力会社から電気が買えるようになりました。そして、今年4月から「低圧」区分に該当する、一般家庭や商店も電力会社が自由に選べるようになるーというのが経緯です。

電力自由化の仕組みとは?
電力自由化になっても、電気はこれまでどおりきちんと届くのか不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも心配はいりません。電力自由化の仕組みについて紹介しましょう。
そもそも電力は「発電所」→「送電線」→「変電所」→「配電線」の経路をたどって各家庭に供給されています。この電力供給の仕組みは今までとは全く変わりません。ではどこが変わるのでしょうか。
電力の供給システムは発電部門、送配電部門、小売部門の3つに分類されています。発電部門は太陽光や原子力、火力などの発電所を運営し電気をつくっています。小売部門は料金メニューの設定や契約手続きなどのサービスを行います。2016年4月からは、一般家庭や商店向けの小売部門に新たな事業者が自由に参入できるようになりました。 また、すでに発電部門は新たな事業者の参入が自由になっています。
一方、送配電部門は電気の安定供給を担う「要」です。そのため、送配電部門は国が許可した電力会社東京電力、関西電力など)が引き続き担当します。これにより、私たち消費者にはどこの会社から電気を買っても、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気が届けられます。つまり使う電線は共通で、電力量もしっかり管理されているということです。そのため電力会社を変えたからといって停電や、電気供給が不安定になることはありません。
電力自由化のメリット
それでは、電力自由化になることのメリットを紹介しましょう。
すでに、新規参入した会社がさまざまな料金メニューを発表しています。第一のメリットとして、私たち消費者は、自分に合った「お得なサービス」を選ぶことができるようになります。
具体的には、電気と通信費、電気とガスなどの組み合わせによる「セット割引」や、長期契約での割引、ポイントの付与などでお得になるサービスなどです。また、電気を使用する量や時間帯など各世帯のライフスタイルに合わせたお得なプランも用意されています。
加えて、販売する地域も自由になったため、現在住んでいるエリア外で発電された電気の購入もできます。例えば、都心に住みながら自分の故郷で発電した電気を買うことも可能になります。
さらには、太陽光、地熱、水力、風力などの環境にやさしい「再生可能エネルギー」、いわゆる再生エネ電力を買うこともできます。
ただ、注意が必要なことも。電気を購入する場合、契約期間が決められていて、途中で解約すると違約金が発生してしまうケースもあります。ですので、契約前に契約内容をしっかり確認しましょう。慎重に内容を吟味してそれぞれのライフスタイルにあったプランを上手に選んで、電気をお得に使いましょう。
電力自由化に参画する企業一例紹介(2016年3月現在)
さて、一体どんな会社が電力自由化に参画するのでしょう。気になりますね。電気を仕入れて売る販売のみの会社、発電所を持つ企業など100社近くが名乗りを上げています。
業種別で見ると、インターネット・携帯電話などの通信会社、石油・ガスなどのエネルギー産業、既存の電力会社などです。ちょっと変わったところでは、ケーブルテレビや鉄道会社などもありますよ。企業の一例として「大阪ガス」や「KDDI」「J:COM」などが挙げられます。
SUUMO電気代診断で電気プランの比較ができます
あなたも電力会社や電力プランの乗り換えで、今より電気代を節約したり、お得なサービスを受けられるかもしれません。
SUUMO電気代診断を使うと、あなたのお住まいの地域や現在のライフスタイルに応じて電気代を予測できるので、あなたにピッタリの電力会社・電気プランがきっと見つかります。
まとめ
いかがでしたか。電力自由化により私たちの生活は大きく変わります。まずは、電力会社を自分で選んでみましょう。電力自由化後は、ライフスタイルに合わせた電気料金メニューや、各種サービスの幅が広がります。また、今までは地域限定だった電力会社以外のエリアから電気が買えるほか、さらには再生エネ電力まで購入できるようになります。選択の際の参考にしてみてくださいね。

住み替え時に電気代もお得に!?

SUUMO電気代診断で、いろいろな電力会社の電気料金プランを比較して選べる。
あなたのライフスタイルに合った電気料金プランがきっと見つかる!

電気料金を今すぐ比較!